ダーク塗装

カッコよく遮熱。オンズペイントのダーク塗料

外壁塗装は建物の保護だけが目的ではありません。見た目の美しさやこだわりを外壁でも表現したい!という方が増えてきました。
中でも、ネイビーやブラックでシックな印象の塗装は根強い人気を誇っています。

「カッコイイ」を塗装で作るダーク塗装

ダーク色を使うと家の中が暑くなる?

幅広い年代のお客様に人気のダーク系の外壁塗装ですが、
みなさん心配されているのは、
「暗い系統の色を使うと、家の中に熱がこもってしまうのではないか?」
ということです。

実際に黒や紺は熱を吸収しやすい色で、真夏の黒や紺の自動車は表面も車内も非常に暑くなります。ではやはり、家の外壁にダーク系の塗料を使うと、建物の表面や室内も暑くなってしまうのでしょうか。

実は塗料には、温度の上昇を抑制する「遮熱塗料」と呼ばれる塗料があります。

夏の直射日光を吸収するカーボンブラックを使用せず、特殊顔料を使用することによって、太陽光(近赤外線)を効率的に反射し、建物の温度上昇が抑制されます。

一般塗装は真夏の車のように熱を溜め込んでしまい、非常に住み心地の悪い住宅になってしまいます。
しかし「遮熱塗料」は一般的なダーク系の塗装に比べて室内・表面の温度上昇を防ぐことができるので、過ごしやすい家を保つことができるようになります。

「家の中が暑くなるのは嫌だから…」と黒や紺を諦めていた方も、デメリットを補ってくれる「遮熱塗料」を使えばオシャレな外壁と快適空間が実現できます。

遮熱性を維持させる「超耐候性」と「超低汚染性」

遮熱塗料も塗膜が劣化していくと日射反射率が低下し、遮熱効果が薄れていきます。
そのため、遮熱効果を長期にわたって維持させるために、

・汚れの付着を雨水で洗い流す超低汚染性
・紫外線による劣化を防ぐ超耐候性

を備えています。

一般塗料と遮熱塗料の違いは、
オンズペイントの店内でお試しいただけます。

塗料の性能による熱のこもり方の違いは、実際に触っていただくとよくわかります。
オンズペイント各店舗で実験装置をご用意していますので、ぜひ実際に触れてお試しください。

選ばれる理由

施工事例